31 12月

消費者金融でお金を借りよう

どれだけ注意していてもお金が不足することは起こりうるものです。
手元にあるお金が足りない場合には、何とかしてお金を借りる方法を考えなくてはいけません。
お金を借りる方法としては様々な手段が考えられます。
お金を借りる目的などに応じて、自分に合った方法を考えなくてはいけません。
親や兄弟、知人などの身近な方からお金を借りる場合には、相手側を納得させなくてはいけません。
対人関係が深く絡んできますので、できれば避けたいと考える方も多いのではないでしょうか。
そこで商売としてお金を貸す=貸金業者にお金を借りることを検討してみましょう。
「キャッシング」「カードローン」などの個人向け融資で必要なお金を調達するのです。
いわゆる金融サービスを提供する会社からお金を借りるわけです。
個人ローンを取り扱う会社にも様々な先がありますので、自分に合った先を選び出すことが必要になってきます。
個人融資を取り扱う先として、真っ先に思いつくのが「銀行」です。
普段の生活でも利用する機会の多い銀行は、預金だけでなく貸金も行っています。
しかし、その利用頻度に比較すると、「銀行の融資」と聞くと何か難しい、というイメージがあるのではないでしょうか。
実際には、そのようなことはないのですが、申込や審査が難しい側面は確かに存在しています。
とくに急なお金が必要になった場合などは、銀行融資の審査時間では間に合わない場合も出てきます。
そのような場合に役立つのが、消費者金融でお金を借りる方法です。
消費者金融の融資の最大のメリットが、そのスピードです。
キャッシング 即日審査に要する時間は、銀行融資に比較すると圧倒的に早くなっています。
最短では30分程度で結果が回答され、その日のうちに融資金を受け取ることも可能になっているのです。
また、比較的審査の基準が緩やかであることもメリットといえるでしょう。
銀行融資では審査に通らない方でも、消費者金融では利用できるというケースも多くあります。
普通、銀行融資は他社に既に融資を抱えている方の申込を嫌う傾向がありますが、消費者金融では(場合によりますが)2〜3社程度であれば、十分審査に合格することができます。
その一方、金利面を比較すると銀行融資よりも一段階高い金利設定になっています。
通常の消費者金融の上限金利は15.0%〜18.0%であり、銀行融資よりも数%高くなっています。
それでも使い勝手のよさにより、銀行融資に負けないくらいの顧客を獲得しています。
現在の日本の消費者金融利用者は10人に1人以上、約1,300万人以上であるといわれています。
日本経済にも大きくかかわっており、その動向は日本経済を大きく左右しています。
消費者金融と聞くと、どうしても「高利の金融屋」というイメージもつきまとっています。
テレビドラマや映画の影響が大きいと思われますが、最近の消費者金融は非常にクリーンなものです。
CMなどでは、ユニークな消費者金融のCMがお茶の間を楽しませています。
街中には、いたるところに消費者金融のポスターや店舗、無人契約機を見かけることができます。
金利、その他の規制も法律により厳しく制限されるようになり、昔ながらの「闇金」という存在も数を少なくしています。
利用者向けサービスも充実していますので、最近の消費者金融は安心して利用することができる存在になっているのです。

12 12月

消費者金融の同時申し込みは危険

どうしても借り入れが必要な場合、1社だけに申し込みをすることに不安を感じて同時申し込みをしてしまうこともあります。
しかし消費者金融への同時申し込みは得策とは言えません。
就職活動のように、複数に申し込みをして可決となった消費者金融からメリットの高い方を選ぶ。
この方法は良いようにも感じられますが、同時申し込みは危険です。
なぜなら、申し込みをしたという事実は個人信用情報機関にすぐに記録されています。
そのため既に消費者金融に申し込みをしているということが確認され、同時に2つの消費者金融の融資限度額が与えられると多重債務に陥る可能性もあり審査には通りづらくなるものです。
ここと決めた1社に申し込みをするようにしましょう。